偏頭痛には目の疲れが影響している?

疲れ目からくる偏頭痛ですがこれは多くの場合、眼精疲労からくる偏頭痛と呼ばれるものになります。

片頭痛はコメカミ周辺に痛みが起こり数時間、痛みが繰り返され特に、女性に起こりやすいのが特徴です。

一般的には目からくる緊張型頭痛といわれており、頭痛だけでなく、首や肩のコリなどのも影響を及ぼす場合もあります。片頭痛が起こる要因は複合的に重複する原因の場合も多く、頭痛になりやすい体質も大きく関係している人も意外と多いのです。

疲れ目からくる偏頭痛の特徴とは?

特徴としては、後頭部を中心として両側が痛むのが特徴で、頭をしめつけられるような痛みが襲います。

最近では、ストレスにパソコン業務やテレビの光が目への物理的刺激が複合的に加わり片頭痛が誘発されることは十分考えられますので、ブルーライトの光を軽減するPC用眼鏡を使用している人もおります。

殆どの人は、暫くすることで痛みは和らいでくるのですが、その間に対処すべき簡単な方法としては、目の周りの筋肉の緊張をほぐし、血流を良くすることが解消のポイントとなります。

肩、首のストレッチで筋肉をほぐします、蒸しタオルなどで目の周りを温め血行を良くすることは古くから行われており効果的です。

このように眼精疲労から来る偏頭痛の場合は、目の使用を出来るだけ避け、とにかく目を休ませることが第一優先となります。

特に、長時間のデスクワークをする人に場合には、仕事の合間にストレッチや体の緊張をほぐし、目を静かにな休ませながら、同じ状態を継続させないことが大切です。

尚、偏頭痛で病院に行きますと、頭痛持ちは、メガネの度数を聞かれますのでメガネを疑えとまで言われてますのでチエックして見て下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月16日

kar4ug1amo8s5an (11:49) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:豆知識で偏頭痛の痛みを乗り切る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://foodcomacafe.com/mt-tb.cgi/4

コメントする




« 酸素カプセルで片頭痛の頻度が減った! | ホーム | 偏頭痛を和らげるツボって知ってる? »

このページの先頭へ