普段コーヒーを飲まない人が飲むと偏頭痛を発症する?

コーヒーとカフェインの関係は良いことばかりではない

一般的には、コーヒーのカフェインが、偏頭痛を和らげるのに効果的と言われておりますが、これは適量を飲む事によって血管の拡張を通常に戻してくれる作用があるからです。

これはカフェインが、血管の収縮をさせるため、偏頭痛にはコーヒーが効くという話なのですが、逆に、普段コーヒーを飲まなかった人が、飲んだことで、偏頭痛になってしまったというのは、いったいどういう事なのでしょうか。

ここで注意して欲しいのは、コーヒーを適量に飲んでいるかどうかということなのですが、あくまでも適量であことが問題視されてくるのです。

このカフェインを摂り過ぎてしまうことで、血管が縮小しすぎてしまい、そのことで酸欠状態になってしまうことが原因で、結果的に、コーヒーを飲んだことにより、偏頭痛とコーヒーとの相性が悪かったと言うものです。

その様な人の場合には、医師から、偏頭痛を治すには、是非コーヒーの量を適量にするようにと注意されるはずですから、もし飲むのであれば、1日に何杯までと決めて飲む事です。

偏頭痛を引き起こすカフェイン

実はコーヒーのカフェインには、偏頭痛を治す要素も含まれている反面、偏頭痛を引き起こす作用も含まれているので、コーヒー好きな人は、程々の量で飲みましょうと言うことになるのです。

この場合、偏頭痛を引き起こさない程度の量を飲む事で、偏頭痛の回数は減ったという話は、医者も患者からよく聞く話ですので、素直に事実として受け止め、実行することをお勧めします。

では適量ということで、注意することは、例えば、インスタントコーヒーの場合には、カフェインが30~120mgですので、摂取量としては、500mっが適当量ではないかと思います。

それでも偏頭痛が起きるようであれば、飲むことは禁物ですし、まさに両刃の剣なわけですから、たとえ人によっては、コーヒーが良いという場合で合っても、自分に当てはめて鵜呑みは禁物と言うことになります。

他にもカフェインは鎮静作用があることでも知られておりますので、医薬品にも使われております。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月23日

kar4ug1amo8s5an (16:23) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:豆知識で偏頭痛の痛みを乗り切る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://foodcomacafe.com/mt-tb.cgi/7

コメントする




« 夕方から偏頭痛が発症する? | ホーム

このページの先頭へ