酸素カプセルで片頭痛の頻度が減った!

有酸素運動は脳にいいらしい。

最近では酸素カプセルを使った偏頭痛の療法が注目されているようです。
運動をすることで脳にセロトニンやドーパミン・ノルアドレナリンという気分を高揚させる神経伝達物質があるという説からきています。


有酸素運動で最も有名なのがエアロビクス運動ですが、ある実験によれば、これをを1日3時間を週に2、3回の運動をすることで、頭痛を軽減できたという結果も出ています。


勿論、辛い頭痛の時には有酸素運動をするわけにはいけませんので、そこで登場するのが「酸素カプセル」と言うことになるのです。


酸素カプセルは薬を使わない方法ですから最近は特に注目されておりますが、これは特殊なカプセル内に空気を約1.3倍に加圧することで、酸素吸収を高めやすくするのです。


酸素は、体の新陳代謝を促しますし細胞を活発化させますし、もし酸素エネルギーが体内に不足しますと、疲れや体調不良の原因にもなります。


になります。酸素量を十分に取り入れるためには、ウォーキングをはじめとする有酸素運動が有効ですが、忙しい現代社会ではその時間もなかなか取れないのが現状です。カプセル内で高い気圧をかけることにより、酸素を取り込みやすくしますので、血液、体液中に溶け込みが早く効率的に行われることが出来るという分けです。

何故酸素が有効なのか?

ではどうして体内に酸素が必要なのかと言えば、人間の体内には約60兆個もの細胞があり、健康であるためには、細胞も健康に活動するには、エネルギーとしてどうしても栄養と酸素が欠かせないのです。


人間は少々食べなくても生きて行けますが、酸素が無くては5分と生きて行けませんので、酸素が一つ一つの細胞に取り込まれることで、新陳代謝も活発に行われることになります。


その逆に酸素不足になりますと、細胞の機能も低下し、体調不調や病気を引き起こしやすくなるのですが、特に脳は沢山の酸素を消費しますから、酸素不足の影響を特に受けやすくなす、頭痛・睡眠障害・自律神経の乱れの原因となるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月14日

kar4ug1amo8s5an (14:04) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:豆知識で偏頭痛の痛みを乗り切る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://foodcomacafe.com/mt-tb.cgi/3

コメントする




« 長時間同じ姿勢を続けると偏頭痛に | ホーム | 偏頭痛には目の疲れが影響している? »

このページの先頭へ